​市長メッセージ

津久見市長 川 野 幸 男

 津久見市は、質・量ともに全国でも有数の石灰石資源を有し、それを原料とするセメント製造業、ミカン農業、水産業などを中心に発展を遂げてきました。

 また、大友宗麟公終焉の地として、扇子踊りを代表とする伝統文化や伝統芸能も大切に受け継がれ、石灰石鉱山とともに、近年では網代島にある2億4千万年前の地層から宇宙塵が発見されるなど、地質学的にも多彩な魅力があふれています。

 

 このような私たちのまち津久見では、「誇りと自信に満ちたまち~津久見~」を将来像に掲げ、中心市街地活性化事業や子ども子育て支援事業など、様々な分野での行政運営を行っています。

 

 中でも、「津久見市役所 おばけ屋敷」動画の舞台でもある市庁舎については、津波避難ビルの機能を備えた新庁舎と日豊圏域の顔となる集客交流拠点施設を一体的に整備する計画が進んでいます。

 

 津久見市は3年前に大きな台風災害に見舞われ、その時も市民が一丸となって復旧・復興に取り組みました。このように津久見市は小さな町ではありますが、その分市民との距離感も近く、市役所職員一人ひとりの役割も大きく、自信とやりがいを持って活躍できる職場です。

 

 私は、これから皆さんと一緒に明日の津久見市を創っていきたいと思っています。

 そのために、どんな事にも積極的に挑戦する、やる気と可能性に満ちた熱意ある皆さんをお待ちしています。

​企画:津久見市 職員採用検討チーム

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now