#職員採用検討チームについて

 津久見市の職員採用試験は、近年では毎年試験を実施しています。しかし、「求人を出しても受験者が少ない」「他の自治体より広報やPRができていない」などの声があり、その中で「自分たちと一緒に働く仲間だからこそ、みんなで取り組むべき問題ではないか?」という思いを持った市役所の若手職員有志が集まり、「津久見市職員採用検討チーム」を今年1月に結成しました。この検討チームを中心に今年は、ホームページを活用した特設サイト、職員採用PRのオリジナルポスター、職員採用PR動画の作成に初めて取り組みました。

#タイトルについて

 「津久見」という町の名前を文字で書き表すのに、漢字・カタカナ・ひらがな など「色々な形」で表現することができます。職員も同様に津久見市の職員として、それぞれの専門分野や職場で「色々な形」で働いています。

 また、「津久見」を「色々な形」で表現することもできますが「同じ意味」で捉えることもできます。職員の「働き方」も同様に、「色々な形」で捉えることもできますが、「津久見市で働く意味」は同じで「津久見市をより良くする」のを目標に働いていることを今回のワークショップや取材を通して改めて感じたので上記のタイトルにしました。

#編集後記

 この企画がこの形になるまで8か月の時間が掛かりました。

 その間、ワークショップを行い企画を練り、コロナウイルスの影響で検討チームの打ち合わせ会議の開催も厳しい状況の中、テレワークにて会議を実施し企画の見直しを実施しどうにかこうにかこのような形に仕上げることができました。

 おそらく、規模な大きな自治体であればより大きな企画で取り組むことができたと思いますが、津久見市の規模の自治体だからこそできた面も大いにあり「津久見市職員の働き方」を少しでも感じていただけたらと思います。

 改めて、この企画に賛同してくれた皆さん・我々が会議や取材時に協力をしてくれた課内の皆さん・インタビューに協力していただいた皆さん、本当にありがとうございます。

 最後に、これから津久見市を受験しようと思われてる皆さん、小さな町だからこそできる課を越えた連携や若手職員からの企画の提案も不可能ではありません。もし、この企画がおもしろいと思われた方がいましたら、一緒に働けることを楽しみにお待ちしています。

職員採用検討チーム一同

​企画:津久見市 職員採用検討チーム

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now